野球が上手くなりたいという人は、バッティングの基本をちゃんと覚えましょう。 バッティングの基本は、以下の通りです。 ・両足を肩幅より少し広めに開く ・膝を軽く曲げる ・バットを握る時は利き手が上 ・小指と薬指に力を入れる ・腕だけで打たない ・ボールに当てたら、そのまま振りぬく まず、両足を肩幅よりも少し広めに開き、膝を軽く曲げてください。 そうする事で、スイングしやすい体勢なのではないでしょうか。 それに、バットを握る時は、利き手が上になるようにしましょう。 右利きの人であれば、右手が上で、左手が下です。 左利きの人だと、左手が上で、右手が下になります。 このように握ると、スイングしやすくなると思います。 そして、手全体に力を入れるのではなく、小指と薬指だけに力を入れるようなイメージでスイングしましょう。 また、腕のみで打ってもボールの勢いに負けてしまうので、体を回転させるようにして打ち、そのまま振りぬいてください。 これがバッティングでの基本ですから、まずはこの一連の流れを理解することが大切ですー