銀行員専用のカードローンが存在している理由

世の中には、銀行員専用のカードローンプランもあります。銀行員は、自分の会社のカードローンはなかなか利用がしにくいものだからです。情報が銀行に渡ってしまいますし、そのことで仕事がしにくくなる可能性もあります。銀行員でももちろん与信審査の対象となりますし、そのときに直接の上司や同僚に自分の情報をチェックされることとなります。できれば仕事に影響がないように他社のカードローンを利用するのが普通ですが、それでも万が一のときには情報が銀行同士で共有されるので困ります。
銀行員専用のカードローンなら、そうした部分についても最大限工夫をしてくれるので便利です。また、銀行員は身分がしっかりしているため、限度額が非常に高く設定できるのもメリットでしょう。最大で800万円まで無担保で借りることができたりと、一般の人が利用するものとは完全に別のサービスを受けることができます。自宅にも変な書類が届かないようにできるので、家族にもローンを使っていることがバレる心配はありません。年利も低めに設定できるので、一般のカードローンを申し込むよりもずっとお得です。仕事場にバレずに、しかもより良いサービスが受けられるということですから、まさに一石二鳥です。

借り換えローンは、現在ある借入を別の業者から借りて完済をし、その後はその業者だけに返済をしていく方法で、具体的には総返済額や毎月の返済額の減額、そして金利の上昇などのリスクをなるべく抑えることを考えて、高い金利で組んでいたカードローンなどをより低金利で組み、今までよりも良い条件のカードローンなどに借り換えることになります。

ちなみにこの借り換えローンは一般的に住宅ローンで利用するものであり、返済だけではなく融資枠を作って、その上限までであれば更に借入ができるという点が、複数のカードローンを1本化させる方法のおまとめローンと大きな違いになります。

また、おまとめローンは銀行のサービスになりますから総量規制の対象外になり、借り換えローンは他社の借入を返済するまでの期間であれば、消費者金融であっても総量規制の対象外になります。

おまとめローンと借り換えローンの違いについてご紹介しましたが、どちらを選択するかについては現在の自分の状況によって異なります。

どちらかメリットがあるのか、そしてどちらが良い条件で利用できるのかをきちんと確認した上で利用するようにしましょう。

【参照】http://www.chbailu.com/